常備しておくために | バルトレックス?ゾビラックス?気になるヘルペスの薬を徹底比較! 常備しておくために|バルトレックス?ゾビラックス?気になるヘルペスの薬を徹底比較!

バルトレックス?ゾビラックス?気になるヘルペスの薬を徹底比較!

substance of medicine

常備しておくために

ここまでバルトレックスとゾビラックスについて比較してきましたが、いかがでしょうか。ヘルペスの治療薬に何を求めるかは人それぞれですが、少なくとも性器ヘルペスにおいてはバルトレックスの方がオススメだといえそうです。
もし、口唇ヘルペスのために何かの薬を購入しようと考えているのであれば、服用のタイミングを守れるかどうかをしっかり考えておきましょう。ゾビラックスの服用タイミングを守れないことによって治療が遅れるくらいなら、少し高くてもバルトレックスを購入しましょう。

最後に気を付けていただきたいのは、ヘルペスは完治することのない病なので、バルトレックスとゾビラックスは一生付き合っていく薬になります。
現代の医学ではヘルペスウイルスを体から根絶する方法がまだ見つかっていませんので、ヘルペスはことあるごとに再発する病になります。
症状の初期段階でバルトレックスやゾビラックスを使っていれば痛みが出てくる前に治療することもできますので、バルトレックスもゾビラックスも常に持っておく必要があります。
今回の治療だけでいいならばそこまで深刻になる必要もありませんが、今後何度もお世話になることを考えると、ランニングコストは少しでも安い方が良いですし、服用も楽なことに越したことはありません。
バルトレックスかゾビラックスの決断の際は、今後自分がどの薬を使い続けるかということも念頭に置いておくと良いでしょう。常備しておかなければ意味がないので、使用のたびに買い足すのも忘れないようにしましょう。